レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバン
10:00~19:00
火・水曜日
2019年07月16日
ブログ

行徳の「南沖児童公園」は交通規則を体験できる公園です。

こんにちは。

 

本日、ご紹介したい公園がこちら、

「南沖児童交通公園」です。

南沖児童交通公園のこと

市川市HPによると、

「南沖公園は、昭和55年に公園中央部に交通施設を整備し、行徳地区唯一の交通公園と

して、毎日、多くの子供たちに利用されています。

管理棟は、事務所、自転車倉庫に加え、交通安全講習会等を開催できる研修室や交通ルー

ルを学べる展示室も併設しました。

また、管理棟のリニューアルを記念して、行徳地区安全運転管理者協議会より、幼児用自

転車や足踏み式ゴーカートを寄贈いただきました。

近年、自転車による重大な事故が急増しているため、この公園で子供たちが交通安全につ

いて学び、交通ルールが守られる安全な社会となるよう期待しています。」

とあります。

この公園の敷地、広いです。

そして、広い公園の半分には普通に遊具があります。

遠目になりますが、ぶらんことすべり台が見えます。

本当は中に入って撮影したかったのですが、

園児がたくさんいたのでご遠慮しました。

 

で、後の半分の敷地にあるのが、

車が一台も走らない車道。

この光景。

この交差点、公園の中にあるんです。

でも、本物の車道ではないので、車は通りません。

でも、信号は変わります。ただの飾りではありません。

でも、交差点に立つたびに思わず左右を見てしまいます。

「交差点では右左をよく見て渡りましょう」は、

小学生の時に耳にタコができるほど言われた言葉です。

ウン十年経ってもそれが染みついているのでしょう。

けして信号無視で渡ろうと左右を見たわけではありません。(あやし…)

 

何度も言います。

「ここ、車は通りません」

でも、市のHPにもあったように、ゴーカートや自転車は走るようです。

HPから拝借した写真なので、画像が荒くてスミマセン。

幼児用自転車や、ゴーカートは管理棟の中に保管されているようです。

お一人様1回30分、無料で貸出してくれるそうですよ♪

私は、最寄駅まで自転車に乗っているのですが、

最近、『 止まれ 』の場所(一時停止線)からずれて止まっている車を見かけます。

特に朝、自転車に乗った私が軽やかに(?)角を曲がると、停止線を越えて止まっている

車にぶつかりそうになったことが2度ほどあります。

交通量の多くない住宅街だったのと、私のおもいっきり華麗なハンドルさばき(?)

で事なきを得ましたが、危なかったです。

 

自転車もイヤホンをしたまま乗って、事故ってしまう事があります。

先日、目の前を自転車で走っていた女子高生(?)がお巡りさんに怒られていました。

「イヤホン外しなさい!」って。

すぐに片耳外してましたよ。5mくらい過ぎたらまた付けてましたけど。

 

いくら信号が信じられるとしても、通っている人や車は信用できない(?)時があるの

で、自分の目と耳など五感を働かせて、事故に合わない・おこさない!が大切ですね。

信号機の歴史

信号の歴史を探ってみると、

「日本初の道路用の信号機は、1919年(大正8年)、上野広小路交差点に試験的に「信号

標板」が設置されました。この時は「進メ」「止レ」と書かれた板を警察官が操作する

手動式でありました。しかし、この方式は多くの通行者が戸惑うこととなり、時期尚早と

して警察官による交通整理の方が良好と判断され本格採用は見送られたのです。」

 

昔の映画を見ると信号なんて無くて、みんな車の間を抜けて反対側へ渡っていますもの

ね。

映画と言えば、今の映画やドラマでは、犯人もきっちり交通規則を守っているんだそうで

すね。たとえば、犯人もかならずシートベルトをしているんだそうです。

でないと、苦情がくるそうですよ。ドラマなのに。作り物なのに。

子供が真似をする、ってことなんでしょうか?

 

「信号機が現れるのはその3年後、1922年(大正11年)に上野公園で開催された平和博覧

会の会場入り口交差点付近に再登場。以降、「信号標板」は改良が重ねられ全国

の都市に普及しました。

普及の背景は、大都市での交通事故の増加が顕著であり、更に手信号での適切な交通整理

が難しいと判断されていたことであります。」


そして、現在のように「信号機」と呼ぶようになったのは1947年(昭和22年)11月から

だそうです。道路交通取締法の公布により一般的な名称となったそうです。

 

ちなみに信号の色ですが、日本では【 青 】【 黄 】【 赤 】なのに対して、

中国・アメリカ・イギリスでは、

【 緑 】【 黄 】【 赤 】なんだそうです。

【 青 】と【 緑 】ちょっとだけ残念な違いですね。

 

南沖児童交通公園の情報

住  所  千葉県市川市行徳駅前3-4

開園時間  4月~10月 午前9時~午後4時30分

      11月~3月 午前9時~午後4時

休園日   月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(お隣の公園へは入れます)

この記事を書いた人
五十嵐 裕子 イガラシ ユウコ
五十嵐 裕子
勤務先である行徳の素晴らしいところをもっと知っていただきたくて、あちこちお出かけしながらブログを書いています。不動産売買の仲介を専門とする当社で、「一期一会の出会いを大切に」をモットーに、お役にたてる宅建士でありたいです。
arrow_upward