レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバン
10:00~19:00
火・水曜日
2019年08月09日
ブログ

行徳で体質改善する!漢方薬局「誠心堂」

こんにちは。

我が家の子猫さんたち、今月で4か月になるのですが、

怖いモノ知らずもいいとこで、

最近は年の離れた13歳の猫さんを遊びに誘い、しつこい、と叩かれ(甘叩き?)、

それでも誘い、また叩かれ、を毎日繰り返しています。

もしかしたら、子猫は叩かれているのを遊んでもらってると勘違いしているのかな?

それにしても、子猫たちの元気の良さには感心します。

 

さて、一方人間はというと、梅雨バテから夏バテと、季節が変わっただけでバテてるのは

変わらない。

血のめぐり、大丈夫ですか?

疲れやすくなった体を改善するには、

体の根本からする『 体質改善 』が遠いようにみえて、実は一番手っ取り早い、かも。

そして、体質改善といえば漢方。

なので、本日は行徳にある「 漢方薬局・誠心堂 」さんをご紹介いたします。

「誠心堂」さん

行徳駅を出て、南口の三菱UFJから千葉銀行を通り越し、もう少しまっすぐ行くと、

左側にあります。

一見、入りずらそう(そんなことないですか?)ですが、

入ってしまえばこっちのものです。

 

まずは撮影の許可をいただき、(ありがとうございます<m(__)m>)

店内に入るなり、さっそく気になるコーナーを発見!

漢方入り化粧品で外からも綺麗になる!

なんと!この椅子に座ったらフェイシャルしてくださるそうな!

それも、こちらの↓スキンケア用品を買うとタダで!

お値段的には有名化粧品よりちょいお安め。

肌ラボを使用している私にはちょいお高め。

 

それでも、優しげなお姉さまから、

「初めてのお客様も無料で施術できますよ。やってみます?」

との、垂涎モノの嬉しい言葉を聞き、心が動きましたが、

(今は仕事中!)

という悪魔のささやきが…(天使か?)

心は思いっきり惹かれながらも、丁寧にお断りし、

その代りといってはなんですが、

血圧&血流計をさせていただきました。

今のお疲れ具合がわかる血流測定

血圧計と同じようにイスに腰掛け、右の穴に腕をすっぽり入れます。

優しいお姉さまがスイッチを押すと、血圧計のようにぐっと締め付けられ、じょじょに緩

んでいきます。そしてでてきた数値は…

個人情報につき、お見せできません!

なんてのはウソで、

結果は…『 平坦型 』 と出ました。

理由のところに、「肥満・体力低下・老人 」とあったので、

「 私、肥満ですか?」

と、お客を目の前にした店員さんが、あきらかに答えにくいであろう疑問をぶつけると、

「いいえ。体力の低下ですね。お疲れなんじゃないですか?

という、模範のお答え。

体質に合う?漢方薬。

さて、これまで漢方薬を飲んで気分が悪くなったり、しっしんが出たり、

なんて経験、無いですか?

私は過去にありました。

近所のドラッグストアーで勧められた「風邪の引き初めに効く葛根湯」を飲んだら

気持ち悪くなり、風邪よりひどく寝込んだことが。。

で、ちょうど通っていた鍼の先生が漢方医でもあったので、

その話をすると、

「 お前さんはたぶん『 虚 』の体質だから、葛根湯は合わないんだよ」

そう言って、何かの機械で私の数値(何の?)を測ってくれたのですが、

「… 数値が出ない… 死んでる人と同じだ…」

「え!?先生、私!(もしかして!?)」

「あ、コンセント入ってなかった」

という、ウソのような本当のお話しが。

 

そのとき言われたのが、東洋医学の考え方。

人間の体質は大きく分けて『 実証 』と『 虚証 』に分かれる。

『 実証 』の人は、

筋肉質で活発で、皮膚に光沢があり、たくさん食べれて寝汗もかかない人

『 虚証 』の人は、

痩せているか水太り、消極的で乾燥肌、少食で夏は夏バテ、冬は疲れるし寝汗をかく人

 

それによると、私は『 虚証 』になるらしく、『 実証 』の人用である葛根湯は、副作用を

おこして当たり前、なんだそうです。

そのしっしんに対して、皮膚科でもらった薬を塗っているけど治らない、と言うと、

「薬疹だから、薬が体から抜けたら治る」と言われ、数日経ったら本当に治りました。

東洋医学と西洋医学

病院でもらった薬で症状は治まったけど、イマイチ体調が戻らない。

ちょっとここで西洋医学と東洋医学について考えてみたいと思います。

 

西洋医学と東洋医学の違いを一口で言うと、

 西洋医学は 対症療法 → 出ている症状を治す

 東洋医学は根治療法 → 根本からの治療を目指す

となるかと思います。

たとえば、普段から風邪をひきやすい人が熱を出して病院へ行くと、

≪ 西洋医学 ≫

解熱剤の投与と「安静にしていなさい」

≪ 東洋医学 ≫

「多少の熱は急に下げない方が良い。体が悪い菌をやっつけようとしているんだから」

「免疫力を高めて、風邪をひきにくい体質に改善したほうがよい」 

 

と。こんな感じの違いがあると思います。

もちろん高熱が出てる時に、じっくり体質改善、なんて悠長なことは言ってられません

が。

誠心堂さんでこんなチラシをもらいました↑

と、こちら↓

病気になってからでなく、今のうちに体質改善したいと思われる方、

また、これまで「漢方薬が合わなかった」という経験をお持ちの方、

ぜひ一度ご自分の体質をお調べになってみてはいかがでしょうか?

こちらの「誠心堂」さんでは、≪ 中国ではお医者さんやってます ≫ という方が、

たまに来て体質に合う漢方を教えてくれるそうですよ。(要予約)

簡単なことなら、普段お店にいる方でもわかると思いますので、

フェイシャルも含め、漢方薬にご興味のある方はぜひ。

 

「誠心堂」さんのお店情報

住  所  千葉県市川市行徳駅前2-13-17

営業時間  10:00~19:00

定休日   無休

(アドバイザーさんへのご相談はあらかじめご予約ください)

この記事を書いた人
五十嵐 裕子 イガラシ ユウコ
五十嵐 裕子
勤務先である行徳の素晴らしいところをもっと知っていただきたくて、あちこちお出かけしながらブログを書いています。不動産売買の仲介を専門とする当社で、「一期一会の出会いを大切に」をモットーに、お役にたてる宅建士でありたいです。
arrow_upward