レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバン
10:00~19:00
火・水曜日
2019年08月30日
ブログ

行徳でハイソな気分!毛皮専門店「絵摩の日曜日」

こんにちは。

8月ももう終わってしまいますね。

今月は、台風や大雨の多い月だった気がします。

温暖化の影響という人もいれば、関係ないと言う人もいます。

どちらにせよ、科学の力かなにかで、災害を防ぐことは出来ないものでしょうか。

 

さて、話題は変わって、

最近お見かけしないものって、ありますよね?

町の電話BOX、屋台のラーメン屋さん、ガングロの女の子、ルーズソックス。

そして、毛皮のコート

最近、毛皮のコートを見るのは、テレビで見る叶姉妹くらいでしょうか。

好き嫌いは別にして(私は嫌いじゃないです)、

♢ゴージャス♢ という言葉がぴったりなお二人が、

これでもか~!!

と、見る者をねじ伏せるくらいの毛皮のコートを羽織っている姿は、

まったく別な世界を見ているようで、面白いです。

 

さて、叶姉妹よりお手頃な(?)毛皮を販売しているお店が、実は行徳にあるんです。

この地で40年営業してらっしゃるそうです。

店内に入ってご挨拶して、

一瞬あって撮影の許可をいただけました。

店内の毛皮に圧倒されて…

店内は、そんなに狭くはないのですが、

商品の量がはんぱなく多いので、通路が狭く、撮影が…

皮のコートでしょうか。柔らかそうです。

 

ちなみに私、商品には触っていません。

なぜなら、

私「2~30万くらい持ってれば買えますか?」

店「その値段だとうちでは最低のものしか買えないわ」

私「じ、じゃあ4~5じゅう…」

店「うちは最高の物しか扱ってないから

その言葉を聞いた途端、触れなくなりました。

本当なら商品に付いているお値段表見て、

「 うわっ!お高~い♪ 」

的なブログにしたかったのですが、

ふつふつと湧いてきたネガティブな心が、

(もし、触ったところがほころびたらどうしょう。。)

(私の服に付いているうちの猫さんの毛が毛皮に移って、何かあったらどうしよう。。)

(手あかが付いて、毛皮が痛んだら…)

 

などど、冷静に考えれば「そんなバカな」なのですが、

ゴージャスな毛皮 = 高い = 責任取れない(涙)

の図式が頭に浮かんだ小心者の私には無理でした。

ファーマフラーでしょうか?

これってお手頃価格なのかな~、とながめつつ、思い出したことが。

 

その昔、私もそのころ流行っていたミンクのコートを買ったことがあって、

まだ毛皮全盛期の頃だったので、お出かけの度に着たおしていました。

それからしばらくして一代目の猫さん(♀)の保護者となったのですが、

クローゼットの中に入り込んだ彼女、しっかり不燃織のカバーで隠してあったミンクのコ

ートを探し当て、気が付いた時には彼女のお座布団になっていたという。。(悲)

毛皮のコートを見なくなった?

ミンクのコートは今も大事に持ってはいますが、現在着る機会は皆無、ですね。

毛皮のコートを見かけなくなったのは、質の良いダウンコートが増えたのと、

動物愛護が言われるようになったからでしょうか?

もちろん、お値段的なこともあるでしょうが、

ハリウッドセレブが『 毛皮を着なくなった 』という記事を以前に見たことがあります。

今は≪ リアルファー ≫ より ≪ フェイクファー ≫ の時代なようです。

 

「 絵摩の日曜日 」さんでは、

これまでのお客様のメンテナンスを主にしています。

とおっしゃっていました。

 

でもでも一生に一度くらい、叶姉妹のようなゴージャス毛皮、着てみたいな~。

似合う似合わないにかかわらず。。。

 

 

「絵摩の日曜日」のお店情報

住  所  千葉県市川市行徳駅前4-1-16

営業時間  10:00~18:00

定休日   水曜日

この記事を書いた人
五十嵐 裕子 イガラシ ユウコ
五十嵐 裕子
勤務先である行徳の素晴らしいところをもっと知っていただきたくて、あちこちお出かけしながらブログを書いています。不動産売買の仲介を専門とする当社で、「一期一会の出会いを大切に」をモットーに、お役にたてる宅建士でありたいです。
arrow_upward