レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバンは【南行徳・行徳・妙典】不動産購入・売却の専門店
10:00~19:00
火・水曜日
2019年12月12日
問い合わせフォーム用

行徳街道を行く。和寝具専門店「野地綿」

こんにちは。

すっかり寒くなりました。

我が家の高齢猫さん、夏場からつい最近までは下駄箱の中の冬物ブーツをなぎ倒し、

自分専用の『 部屋 』として陣取っていたのですが(おかげでブーツは型崩れで捨てる羽

目に…専用ベッドを設置してあげました)、

さすがに今は玄関すぐの下駄箱は寒いらしく、私の布団で一日中過ごしています。

冬の布団を出したのが先月。

今、もう一枚足そうかどうしようか( 羽毛布団の2枚重ね )思案中です。

なぜなら、

( まだこれから寒くなるかもしれない! )

の思いがあるから。

そんな事を考えながら、行徳街道を歩いてみました。

「 昔はこの辺、商店街だったんだよね~。今はお店が減って、淋しくなったよ」

取材の撮影の許可をくださったご主人がそうおっしゃいました。

行徳街道のこと

行徳街道は、行徳バイパスと共に千葉県道6号市川浦安線で、本八幡のあたりから

浦安駅に至る街道の名称です。

旧道を行徳街道といい、現道を行徳バイパスと言います。

室町時代の古文書には「行徳」という地名も登場しているそうですが、行徳街道は

徳川家康が東金に鷹狩に行く為に作られた権現道と共に作られた道のようで、

当時は「 新道 」と呼ばれていたみたいです。

「 新 」も時が経つと「 旧 」になっちゃうんですね~。

 

そんな、昔は「 新 」の街道沿いには、今も寺院や江戸時代の遺構などが残っています。

 

ってことで、さっそく店内へ。

和寝具の「野地綿」さん

「 野地綿 」さんの外観です。

こちら野地綿さんは、和寝具の専門店だそうで、

和寝具の専門店って何かというと、

羽毛や羊毛では無く、昔からの綿を使ったお布団を製造・販売していらっしゃるお店。

この↑肉厚お布団のお値段、

11000円です!

安っ!

と思いませんか?

で、これは出来合いですが、

この↑綿を使って、

ここにある生地から選んでお布団を作ってもらえます。

ご主人もおっしゃっていましたが、

「 掛布団は羽毛が軽くていいけど、敷布団はやっぱり昔からの綿が一番いいよ。今はポ

リエステルが安くて手軽に買えるから使われてるけど、体のためにはやっぱり綿だね」

現在の敷布団は【 点で支える 】とか、【 体が沈み込まない高反発 】とか、

反対に【 低反発 】とかいろいろ種類があります。

どんな布団も長く使用しているとダニが発生することが多く、ダニはアレルギー症状を引

き起こすアレルゲンとして有名であり、これは特にアトピーや喘息などを持つ人のには深

刻な問題。

手入れ方法としては、直接布団に掃除機をかけることが効果的であり、もめん綿とポリエ

ステル綿が掃除機をかけて埃とダニの量が1番減ることがNHKの番組で紹介され話題にな

ったそうです。

綿のお布団、手入れ(掃除機)さえしっかりすれば清潔なんですね。

でも、これだけ厚みがあると、けっこう重いような…

そこで持たせてもらいました。

軽いです!

お店の方は5kgだとおっしゃっていました。

( 敷布団は綿だとして、掛布団はやっぱり羽毛よね~。)

と思っていたら、お店の方が、

「 こんなの知ってる? 」

と見せてくださったのが、

かいまき布団です(+o+)

田舎のおばあちゃんちにありました。

広げるとこんな↓感じです。

「肩が温かいんだよ」

とはお店の方の言葉。

そうです。すっぽり包まれるから、温かいんですよね~(#^.^#)

お値段2万円くらい。

もちろん手作りです。

「 作れる職人さんが、ほとんどいないからね」

大量生産では無い、職人さんの手作りの温かさが和寝具の良さですよね。

あ、そうそう、私が野地綿さんに食いついた一番のポイント!

野地綿さんでは『 貸ふとん 』をやってらっしゃいます。

急な来客や気遣う人のお泊りの時、

「 どうしょう!お義母さん来るのに雨でお布団干せなかった!」

となっても、電話1本でふかふかお布団一式届けてくれます。

(前もっての予約がいいかな?)

とっても便利です。

和寝具に興味のある方、職人さんがいる今しか購入できませんよ♪

 

 

「野地綿」さんの店舗情報

住  所  千葉県市川市本行徳29-6

営業時間  9:00~18:00

定休日   土曜日・日曜日

※貸布団の配達地域は市川市内のみ

この記事を書いた人
五十嵐 裕子 イガラシ ユウコ
五十嵐 裕子
勤務先である行徳の素晴らしいところをもっと知っていただきたくて、あちこちお出かけしながらブログを書いています。不動産売買の仲介を専門とする当社で、「一期一会の出会いを大切に」をモットーに、お役にたてる宅建士でありたいです。

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
必須
必須
お問い合わせ内容
物件の種類
ご依頼方法
ご希望の時期
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward