レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバンは【南行徳・行徳・妙典】不動産購入・売却の専門店
10:00~19:00
火・水曜日
2020年01月30日
社長ブログ

『買取り』と『媒介』って何が違うの?

皆さんこんにちは(^o^)丿

昨日、受験中の娘に「頑張ってる?」と聞いたら、

「頑張ってるに決まってるでしょ(`~’)」と怒られてしまい、ちょっぴり凹んでしまったレアホームの千原和博です(ToT)

ところで先日、南行徳の中古一戸建てを売却されたいというお客様から、こんな質問がありました。

不動産の『買取り』と『媒介』って何が違うの?どっちが良いの?

不動産屋からのチラシで、「不動産買い取ります」とか「高く売ります」等と入ってくるのだが、よくわからないとのことでした。

確かに、我々不動産屋からすると当たり前のことだが、一生に一度あるかないかのお客様からしたら、「一体何が違うんだろう?」と疑問に思うのは当然のことである。

ということで、私『不動産お悩み解決隊長』の千原が説明させていただきます。

不動産の『買取り』と『媒介』の違い

まず不動産の『買取り』と『媒介』の違いを説明いたします。

簡単に言いますと

『買取り』は、『不動産業者』が買うこと

『媒介』は、不動産業者が物件を預かって『一般のお客様』に販売すること

です。

『メリット』と『デメリット』は?

まず『買取り』のメリットは

1.早いことです。業者買取りの場合は現金決済が多いので、速ければ一週間位で現金化することが可能です。

2.ご近所や知人などに知られることなく、販売することが可能である。

そして『買取り』のデメリットは

1.安いことです。誰しも少しでも『高く』販売したいものです。しかし、買取り業者の目的は『安く』仕入して『利益』を乗っけて、一般のお客様に付加価値を付けて販売することですので、通常『一般価格の70~80%』の価格となってしまいます。

次に『媒介』のメリットは

1.高く販売できることです。高いといっても、あくまで一般相場でということですが、『買取り』と比較すると、20〜30%近く高い金額で販売できます。

そして『媒介』のデメリットは

1.時間が掛かることです。時間が掛かるといっても、金額が一般相場であれば、通常は三カ月〜半年あれば、ほとんど売却できます。

 

『買取り』と『媒介』どっちがいいの?

基本的には、『お客様の状況』によって違ってきます。

圧倒的に人気が高いのは『媒介』です。(ただし、『時間』的に余裕があるお客様に限りです。)

なぜならば、皆様基本的には『少しでも高く』販売したいという思いはあると思います。

お客様の中では、古くなった中古不動産がそんなに簡単に販売出来るのだろうかと、ご心配されるお客様もいらっしゃいます。

しかし、『不動産は、相場以内であれば、3カ月〜半年あれば、ほぼ確実に売却出来ます』。

ですので、『買取り』よりも20〜30%も高く販売できる『媒介』の方をお勧めしています。(ただし、3カ月〜半年位のお時間的に余裕がある方に限ります。)

※不動産の売却は『時間』があればあるほど『高く』販売することが出来ます。早ければ早いほど良いので、【売却】を考えたときは、お早目にご相談ください。

この記事を書いた人
千原 和博 チハラ カズヒロ
千原 和博
行徳の「か~くん」こと千原和博です。 なぜ、「か~くん」かというと、子供の頃、熊本の親戚や近所の皆から「か~くん」と呼ばれていたからです。 今でも、田舎に帰ると、近所のおばさんや親戚の子供たちから「か~くん」と呼ばれて、とても照れくさい思いをしています。 不動産を『売りたい方』『買いたい方』、是非私にお手伝いさせてください(*^。^*)
store

会社概要

レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバンは【南行徳・行徳・妙典】不動産購入・売却の専門店

不動産の売却についてのお問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
郵便番号
必須
必須
お問い合わせ内容
物件の種類
ご依頼方法
売却ご希望の時期
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward