株式会社アーバン
10:00~19:00
火・水曜日
2020年07月03日
ブログ

マイホームを買った時の税金【不動産取得税】②

みなさんこんにちは!

前回にご説明した不動産取得税の続きのお話しです!

前回の不動産取得税の記事についてはこちら↓

マイホームを買った時の税金【不動産取得税】

特定の住宅は課税標準を軽減

一定の新築住宅または中古住宅を取得した場合は、課税標準が軽減されます。

※この特例の対象となる家屋には、週末に居住するためなどに郊外で取得した家屋や、遠距離通勤者が平日に居住する為に職場の近くで取得した家屋(いわゆるセカンドハウス)が含まれますが、別荘など專ら日常生活以外の用に供する家屋は含まれません。

 

①新築住宅の税額(未居住の新築住宅の購入を含む)

〔 固定資産税評価額 ー 控除額1200万円※(1) 〕× 税率3% = 税額

※(1)床面積50㎡以上240㎡以下の場合

2020年3月31日までに新築された認定長期優良住宅は、控除額が1300万円に増額

 

②中古住宅の税額

〔 固定資産税評価額 - 新築時期に応じた控除額 〕× 税率3% = 税額

新築時期

1997.4.1以後       控除額1200万円

1989.4.1~1997.3.31まで  控除額1000万円

1985.7.1~1989.3.31まで  控除額450万円

1981.7.1~1985.6.30まで  控除額420万円

1976.1.1~1981.6.30まで  控除額350万円                        

※1975年12月31日以前に新築された住宅であっても、新耐震基準に適合していることが証明された住宅については、不動産取得税が軽減されます。                                      

税金に関しては、知らないで不動産を売却してしまうと、とっても『損』をしてしまう可能性があります。                                  

ちなみに、不動産に係る税金だけで『登録免許税』『不動産取得税』『固定資産税・都市計画税』『印紙税』『住宅ローン控除』『マイホーム買換えにかかる税金』『マイホームの3000万円控除』『マイホームの買換え特例』『マイホーム買換えの損失の繰越控除』『相続税』『贈与税』等々とたくさんの税金が関わっています。               

税金のことや不動産のことなど、疑問やお悩みございましたら、0120-99-2553までお気軽にお問い合わせください。    

store

会社概要

株式会社アーバン

売却の依頼はこちら

INQUIRY
必須
必須
郵便番号
必須
必須
お問い合わせ内容
物件の種類
ご依頼方法
売却ご希望の時期
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward