レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバンは【南行徳・行徳・妙典】不動産購入・売却の専門店
10:00~19:00
火・水曜日
2020年07月22日
社長ブログ

妙典か行徳で中古マンションが欲しい

市川市塩焼にお住いのN様59歳、奥様55歳がお二人で『不動産購入個別ご相談会』に参加されました。

N様は大手運送会社にお勤めで、9月に定年退職との事でした。

今回のご相談内容は、定年後2か月以内に社宅を出なければならないとのことで、賃貸も考えましたが、出来れば妙典か行徳で中古マンションを購入したいとのご希望でした。

しかし、購入に関して二つの大きな問題がありました。

N様の現在の年収は1050万円。勤続は35年以上であり、本来であれば住宅ローンを組むのに全く問題ないのですが、住宅ローンを組むにあたって、二つの大きな障壁がありました。

先ず一つ目が、自己資金です。年収1000万円以上あり、なおかつ社宅ということで家賃負担は2万円位なので、本来であれば自己資金として1000万円~2000万円位は年齢的にあってもおかしくないはずです。

しかし、N様には3人のお子様がいらして、教育資金などの出費がかさんでしまい、貯金が全くありませんでした。しかも、カードローンの借り入れが600万円も残っているという状況でした。

う~ん、借り入れ600万円問題は何とかなるとしても、問題はもう一つの方でした。

一番の問題は『年齢』でした。

N様の年齢だと、いかに年収が1000万円を超えていようが、勤続が35年以上だろうが、融資してくれる金融機関はほとんど無いのが現状です。

しかも、年齢の割に頭金がなく、おまけに借り入れ600万円ですから、さらに厳しい状況だったわけです。

しかし、結果的には、F銀行さんから2800万円をご融資いただき、ご希望の妙典で人気の行徳ニューハイツを購入することができ、さらに素敵なリノベーションで奥様ご希望のオシャレなオープンキッチンにすることができました。

※具体的に、どこの金融機関で、どのような方法で、融資をいただくことができたかに興味がある方は、お問い合わせいただければ、丁寧に説明させていただきます。この文章だけで説明することは難しそうなので割愛させていただきます。

『社宅』や『家賃補助』が不動産購入の最大の障壁

実は、不動産を購入するにあたっての一番の障壁となるのが、この『年齢』なのです。

特に、『社宅』や『家賃補助』を受けている方がこのパターンに陥るケースがとても多いのです。現役時代に少ない自己負担で住むことができるため、購入することを『ためらってしまう』ケースが多いのです。

N様も今まで何回か購入することを検討されたことがあったとのことですが、家賃負担2万円という『安さ』が購入という決断の足かせとなり、決断することができなかったことを、とても後悔されていました。

年収が比較的に高く、家賃負担が少ない方は、当然『貯蓄』をする余裕も多いはずなのですが、実際に『貯蓄』を出来ている方は少ないのが現状です。

大多数の方が、収入の増加に対して、『生活水準の増加』も比例してしまいます。

不動産の購入の目的は『無意識な貯蓄』と『無意識な保険』です。当然、若いときに購入すればするほど、終わりも早いわけです。若ければ若いほど、後々が楽になるということですね。

※最後までお読みいただき、大変ありがとうございました。下手くそな文章で分かりにくかった場合は申し訳ございませんでした。もっと詳しく知りたい場合やご質問などございましたら、『不動産購入無料ご相談会』にお気軽にご参加ください。

この記事を書いた人
千原 和博 チハラ カズヒロ
千原 和博
行徳の「か~くん」こと千原和博です。 なぜ、「か~くん」かというと、子供の頃、熊本の親戚や近所の皆から「か~くん」と呼ばれていたからです。 今でも、田舎に帰ると、近所のおばさんや親戚の子供たちから「か~くん」と呼ばれて、とても照れくさい思いをしています。 不動産を『売りたい方』『買いたい方』、是非私にお手伝いさせてください(*^。^*)
store

会社概要

レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバンは【南行徳・行徳・妙典】不動産購入・売却の専門店

【不動産購入無料ご相談会】の申し込みはこちら

INQUIRY
必須
必須
郵便番号
必須
必須
セミナー希望日
必須
-
-
希望時間
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward