レアホーム(Lea HOME)株式会社アーバン
10:00~19:00
火・水曜日
2019年01月05日
ブログ

ご主人66歳、奥様55歳、自己資金100万円、南行徳で中古マンションを購入できました。

2018年4月、66歳のご主人と55歳の奥様が、『不動産購入個別ご相談会』に参加されました。

自宅に、レアホームの手書きチラシが何回も入っていて、「何回も相談会に参加しようと思われた」とのことだが、年齢的な問題と、自己資金の問題もあり、絶対にマイホームの購入は無理だと思い、『不動産購入個別ご相談会』への参加を躊躇されたとのことでした。

実際に、今まで何回も別の不動産屋さんで、門前払いをされたご経験があるとのことでした。

できれば、南行徳でマイホームが欲しい。

M様(66歳のご主人)と奥様、そして大学2年生の息子さん、の3人家族だ。息子さんは、ご主人にとって40歳半ば過ぎてのお子様だったらしく、ご主人が溺愛してやまない様で、今までほとんどのお金を息子さんの為に使ってきたとのことでした。

なので、手持ちのお金がほとんど無い。もちろん全くないわけではないが、息子さんが大学を卒業するまでにかかる費用を考えると、自己資金として出せる金額は100万円が上限とのことである。

「若いころ、買っておけば良かった」と何度も後悔した。

M様が40代の頃、何度かマイホームの購入を検討したとのこと。

しかし、M様の会社からの「家賃補助」があり、実質家賃負担が3万円だったらしく、マイホームの購入を躊躇されたらしい。

さらに、家賃負担も少なく、年収もそこそこあったのに、貯金をできなかった(いや、しようとしなかった)ことが、最大の後悔だった。

M様のお話しを、30分ほどお聞きしながら、私はどうすれば、M様ご家族の為にお力になることができるのかを考えていた。

高齢者の住宅ローンは厳しい。

M様は66歳である。金融機関からすると、かなり厳しい年齢である。いや、厳しいというよりも、ほとんどの金融機関は融資不可である。

ご主人の年齢だと、唯一可能性がある『F銀行』でも、最長で14年ローンとなってしまう。もし、2500万円の借り入れをした場合の支払いが月々18万円(35年ローンだと月々7万円)となり、ご主人の年収340万円(年金とお仕事)だと、返済比率オーバーとなってしまい、融資不可となってしまう。

奥様のご年齢に助けられた。

奥様のご年齢が55歳ということで、今回は奥様をメインにすることで、24年のローンが可能となる。しかも奥様がお勤めされているとのことなので、夫婦収入合算ができるので、奥様の年収180万円+ご主人の年収の半分170万円(奥様をメインとした場合はご主人の年収は半分とみなされてしまう)=年収合算350万円となる。

ギリギリ、2200万円の融資申し込みができることになる。しかし、返済比率ギリギリなので、融資がOKになるかどうかは、銀行さん次第だ。

『F銀行』のS担当の全てを託す。

『F銀行』のS担当は、これまでも色々な『難題』をクリアしてくれた、とっても頼りになる方である。今回もS担当よろしくお願い致します。

ということで、2週間後、目出度く2200万円満額OK。

M様、奥様、そして息子さん、おめでとうございました。

中古マンションを購入して、お洒落なリフォームできました。

Hマンション62㎡(3LDK)を1400万円+リノベーション(フルリフォーム)を650万円+諸費用180万円=合計2230万円。

自己資金30万円+銀行融資2200万円=2230万円にて購入できました。

自己資金100万円の予定が、30万円で済んだことで、ご主人と奥様に大変喜んでいただきました。

お引越し、おめでとうございます。

無事に引っ越しも終わりました。

奥様は、どうしてもオープンキッチンが欲しかったようで、何回も何回も設計デザイナーと打ち合わせをされていました。グリーン色のキッチンがとっても気に入られた様で大変ハッピーとのことでした。

息子さんも、自分で選んだ木目調の壁紙がかなりカッコいい感じで、とても気に入っていただいたようです。

そしてご主人は、奥様と息子さんの喜んでいる姿を見て、大変ご満悦でした。

 

M様、奥様、息子さん、これからもお幸せに。

この記事を書いた人
千原 和博 チハラ カズヒロ
千原 和博
行徳の「か~くん」こと千原和博です。 なぜ、「か~くん」かというと、子供の頃、熊本の親戚や近所の皆から「か~くん」と呼ばれていたからです。 今でも、田舎に帰ると、近所のおばさんや親戚の子供たちから「か~くん」と呼ばれて、とても照れくさい思いをしています。 皆さんの、素敵なお住まい探しを、是非お手伝いさせてください(*^。^*)
arrow_upward